髪のお悩みは尽きないものです。育毛剤、白髪染め歴の長い私が髪の悩みに答えます。

女性のエイジングケア・髪の毛のアンチエイジングの大切さ【白髪染め編】

髪の毛のアンチエイジングといえば薄毛対策と白髪染め

アンチエイジングはかなり総合的な概念で、若く見せようとする思想である。
アンチは否定の意味があり、エイジングは年をとるだから、老化を防止しようという心がけであるとも言える。

女性のエイジングケアは見た目を若々しく変えることと言える

エイジングケアは多くの女性にとっては、非常に重要な課題である。
なぜなら若く見られると、自信も沸くし、生活も潤うからである。
エイジングを否定すると言うことは、肌のシワやシミを隠したり、白髪を黒く染めたり、ほうれい線をなんとかして薄くしたり、と色々考えられます。
そのため今回はアンチエイジングの中の白髪染めに付いて焦点を絞って考察する。

白髪を染めることで見た目年齢はがらりと変わる

白髪染めは、その名のとおり白髪をそめる行動を指す。
しかし人によっては、白髪の量も質も異なるので、いつでも同じように対処するわけではない。白髪染めの対処として、全部で三つある。ひとつめの対処法は「隠す」である。
白髪を隠すことであるが、白髪が少ない人にとっては有効な活用方法であるが、白髪が多くて全部そめたいと考えている場合は、髪に負担が大きい欠点を持っている。
これは年をとると、髪質が弱るので、尚更である。
髪をそめるときにヘアダイという言葉が昔は使われていたが、ダイが英語の「die:死ぬ」という単語をイメージするため、最近ではヘアカラーといった言葉が用いられている。

染め方次第で印象も自由自在に変えられます

二つ目は「ぼかす」である。
これは白髪全部をそめるのではなく、一部や見えやすいところだけをそめる方法である。つまり白髪をある程度隠せればいいやという考えである。これは「隠す」よりも、負担が小さいので、使いやすい方法といえる。
三つめは「生かす」である。
白髪であることを悪く思わないで、白髪をうまく使って、その人にとって美しいスタイルを提供しようという考えである。
欠点は難しいことである。「隠す」と「ぼかす」はある程度機械的ですむのだけど、「生かす」は美容師の腕に大きく依存する。そのため注意が必要であることもある。
このように見た目のエイジングケアで行われる白髪染めは、ただ単に白髪を隠すだけではないことを覚えておくべきである。
白髪染めによる見た目のアンチエイジング 効果は大きく、印象が変わることで、性格も明るくなると考えている。
いろいろな道をうまく利用して、美しいスタイルを探すことは重要である。

最新指導記録